これからの世界を創る
人材育成プラットフォーム

リカトリは「リカレント教育」から由来しています。
リカレント教育とは、生涯にわたって学び続け、就労と学習のサイクルを繰り返していくことを意味します。
さらに、日本を飛び立ち「鳥」のように世界に羽ばたいてほしいという願いが込められています。

リカトリは、これから世界に必要な、国際社会の課題解決に向け活動するソーシャルアントレプレナー・ソーシャルイントラプレナーの育成と輩出のための人材育成プラットフォームです。

Social Background

~社会的背景~

 気候変動、貧困、教育格差の拡大など、人類全体が抱える大きな課題が顕在化してきています。これらを解決し、地球を次の世代につないでいく必要がある中で、SDGsが定められ、国・企業・個人にまでも責任ある行動が求められる社会となっています。

 世界各国で起こっている問題を捉え、地球の維持のために活動をするということは、もはや今の時代では、全人類に求められることです。

Purpose

~目的~

 上記の背景があり、我々は国際的な社会課題を解決するソーシャルアントレプレナーは最も重要なポジションであるという仮説を持っています。

 

 我々の目的は「国際的な社会課題を解決するソーシャルアントレプレナー/イントラプレナー輩出」です。

 

 プラットフォームの名前である「リカトリ」とはリカレント教育から由来しています。参加者には繰り返し学んでいただきながら、最終的には鳥のように世界各国へ羽ばたいて欲しいという願いを込めています。

Capability

~目指すべき人物像~

課題解決力

  • 「正解のない問い」に対してアプローチし、何らかの解決方法を導き出すことができる
  • 個人ではなく一つのチームで目的を達成することができる

テクノロジーの理解

  • 先進的なIT/DX・ビジネスの動向を踏まえて、それらを駆使することができる
  • 効果的で効率的なインプット(情報収集)とアウトプット(発信)ができる

グローバルマインド

  • 海外事例や国際社会課題の情報収集を行い、グローバルの視野でものごとを捉えることができる
  • 日本と世界のギャップから、日本の復興に向かうための提言・実行ができる

Concept

~概念~

未来を担う若者が集まる
「プラットフォーム」

1. まずはコミュニティ参加

 まずはプラットフォームの概要を知り、同士を探したり気になるプログラムを見てみましょう。

 誰でも無料で参加可能なコミュニティはこちらから。

2. 興味関心を見つける

 自分の興味関心がある国の社会事情・課題について学ぼう。また、同じ関心を持っている同志と繋がって自由にお互いの意見等を会話をしましょう。

3. 海外へ飛び立つ

 各国のフィールドワークを主体としたProgramを用意しています。世に報道されないリアルな世界的な一次情報に触れ、自分の目で見て感じ、自分の足で奔走しましょう。

4. 思いを形にする

 自分の進めたい方向性が固まってきたら、仲間と協力者を募って計画と実行をしていきましょう。

Contents of Platform

~内容~

Programs →

 世界各国に社会課題を体験するフィールドツアーを用意しています。社会課題を知るためには現地に赴くのが一番です。

 現地の人々、現地で活動する日本人と接点を持ち、活動を通して成長を促す機会を提供します。

Media →

 参加者に記者・ジャーナリストになっていただき、動画や記事を発信するメディアです。発信するためのコーチングを行うことで発信力を養います。

 また、世の中に社会課題について興味関心を持ってもらうことがメディアの役割です。

Community and Award →

 リカトリ参加者同士のコミュニケーションの場です。情報の交換を自由にしていただけます。

 また、運営会社が海外の企業・団体・大学と接点を持っていますので、ご希望の方は繋ぐことが可能です。

 コミュニティの中で優れた活動をした人を表彰するAwardもございます。

Online Training →

 各世界の社会情勢・時流・問題について、在住国の方と協力し、記事と動画形式でコンテンツ配信しております。これを見れば各世界の状況や問題がわかりやすく端的に理解できます。

 ネットなどでは調べてもわからない、生の情報をお届けします。

 また、今の時代を生きるために基本的なビジネススキル、ITスキルのコンテンツも配信します。

Contact us

 リカトリでは、国内・海外問わず、企業・団体・大学様と提携・協力を歓迎します。

教育事業者様だけではなく、幅広い知見・知識が必要となります。皆様のご支援・ご協力をお待ちしております。